「簡単な試合は一つもない」守備重視を強調する長友…その心は

「簡単な試合は一つもない」守備重視を強調する長友…その心は
「簡単な試合は一つもない」守備重視を強調する長友…その心は

 いよいよ始まるロシアW杯アジア2次予選。左サイドバックとして先発濃厚なDF長友佑都(インテル)は「W杯予選が始まるんだなという気持ち。これまでもW杯予選は経験してきたが、簡単な試合はなかった。難しい試合が始まるんだという思いでいる」と表情を引き締めた。

「みんなで守備をして、攻撃でもスピード感あふれる攻撃ができれば負けることはない。だから、僕としてはまずは守備。どんな相手にでも、みんなでしっかり守って、隙がないと思われるように、守備からしっかり入りたい」

 “守備の人”に徹することを繰り返すのは、現在行われているコパ・アメリカやEURO2016予選で番狂わせが相次いでいるからだ。

 コパ・アメリカではグループリーグでコロンビアがベネズエラに0-1で敗れ、アルゼンチンはパラグアイ戦で2点をリードしながら終了間際に追いつかれ、勝ち点2を失った。EURO2016予選でも強豪国が相次いで苦戦を強いられている。

「簡単な試合は一つもない。コパ・アメリカやEUROの予選でも格下と思われるチームが強豪に良い試合をしたり、勝利を手にしたりというのがある。僕は守備に集中して試合に入りたいと思う」

 今まさに起きている“ジャイキリ”。しかし、格下のシンガポールに対してここまで慎重な姿勢を貫こうとする理由はそれだけではない。ブラジルW杯で味わった惨敗の記憶が強く残っているからだ。

「ブラジルではみんなが死の物狂いで勝利を目指していた。コートジボワールとの試合もそうだし、ギリシャ、コロンビアの試合も相当堅かった。まずはみんなで守備をしてから攻撃に移るという気迫を感じて、W杯はそういう試合になるんだなとあらためて思った」

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 長友佑都 Instagram
  2. 長友佑都 twitter
  3. 長友佑都 ガラタサライ
ゲキサカの記事をもっと見る 2015年6月15日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「長友佑都 + 日本代表」のおすすめ記事

「長友佑都 + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「長友佑都 + ガラタサライ」のおすすめ記事

「長友佑都 + ガラタサライ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「酒井宏樹」のニュース

次に読みたい関連記事「酒井宏樹」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。