[総体]市立浦和との強豪対決で5発!浦和東が2年連続全国へあと1勝!:埼玉

[総体]市立浦和との強豪対決で5発!浦和東が2年連続全国へあと1勝!:埼玉
[総体]市立浦和との強豪対決で5発!浦和東が2年連続全国へあと1勝!:埼玉

[6.14 全国高校総体埼玉県予選準々決勝 市立浦和高 1-5 浦和東高 昌平高G]

 平成27年度全国高校総体「2015 君が創る 近畿総体」サッカー競技埼玉県予選準々決勝が14日に行われ、2年連続9回目の全国総体出場を目指す浦和東高と5年ぶり11回目の全国総体出場を狙う市立浦和高との強豪対決は浦和東が5-1で快勝した。浦和東は20日の準決勝で西武台高と対戦。勝てば全国総体出場が決まる。

 強豪対決は戦前の予想に反して大差がついた。「(快勝は)予想していなかったです。出来すぎなくらい点を取れて」という浦和東の鈴木豊監督が「生徒たちが良く動いてくれました。連戦で、昨日もタフな試合をやっている。そういう意味でも良くやってくれた」と目を細める内容。5月の県1部リーグでは2分3敗と結果の出ていなかった浦和東だが、苦しい時期もブレずに積み上げてきたことが表現できるようになってきている。

 今年の浦和東は全体的に小粒だ。だが、指揮官が「サッカーを変えていくっていうか、いろいろなことに柔軟にやっていかないといけないなということでスタートしている」というチームはFW境田悠史(3年)とFW菅貴彰(3年)の2トップ、右MF中荒井利公(3年)、左MF松本巧(3年)のSHたちが引いて入って、開いて絞って、と連動しながら多彩な攻撃を展開。注目レフティー、MF望月海渡(3年)の存在もあって得意の地上戦に加えて、ロングボールを交えて相手の背後を取る攻撃も武器と言えるものになっている。相手の守りを見ながら判断よく攻める攻撃。5月は最後の1本が通らずに結果が出なかったが「勝てなかった中でブレずに取り組んできた」(鈴木監督)という成果が今大会の4戦13発という結果につながっている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2015年6月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。