[MOM1560]新潟明訓FW田辺大智(3年)_ラストチャンスで大ブレーク

       
[MOM1560]新潟明訓FW田辺大智(3年)_ラストチャンスで大ブレーク
[MOM1560]新潟明訓FW田辺大智(3年)_ラストチャンスで大ブレーク

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.3 全国高校選手権新潟県予選準決勝 新潟明訓高 4-0 北越高 新潟市陸上競技場]

 ボールを持っていても、いなくても、すさまじい迫力で相手の守備網を破壊する。技巧派集団の新潟明訓高に突如、パワフルなストライカーが誕生した。北越高を4-0で下した選手権予選の準決勝では、3戦連発となる先制弾を決めただけでなく、その後も力強い突破で相手を脅かし続けた。田中健二監督は「全国でも上のレベルで戦えるぐらいのFWだと思う」と話したが、現在の姿を想像することはできなかったという。夏まで左SBを務めていた田辺大智のFWへのコンバートは、苦肉の策から生まれたものだった。

 大ブレークのきっかけは、最後通牒だ。「こんなことは、あまりないのですが……」と指揮官は苦笑いを浮かべた。田辺は中学時代からの定位置だったサイドバックでプレーしていたが、ポジショニングなどの課題を指摘され続け、今夏の全国高校総体では登録メンバー入りも危うい状況だった。しかし、持ち味であるフィジカル能力は、捨てるには惜しい。田中監督は、1列前ならどうかと中盤のサイドで起用したが「すぐにダメだと言われた」(田辺)という状況で、起用法に悩んでいた。ポジショニングとパスワークでボールを意図的に動かし、相手の守備に生まれる隙を突いていくのが新潟明訓のスタイルだが、田辺は細かな修正が利かなかった。

 そこで、テストをされたのがFW起用だった。FWも仕事は多岐にわたるが、優先順位は明確だ。田辺は、ゴールに向かう、得点を狙うという最優先事項で違いを見せた。1対1では止まらない。2人目が来ても引きずりながら前に出る。最終ラインでも中盤でも合格点を得られず、FWでも機能しなければ、先発起用の可能性は消えるところだったが、「最後だぞ」と言われて与えられたチャンスがハマった。
ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年11月4日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。