[選手権予選]PK戦10人目までもつれ込む死闘の末、桐生一に勝利!前橋育英が全国へ!!:群馬

[選手権予選]PK戦10人目までもつれ込む死闘の末、桐生一に勝利!前橋育英が全国へ!!:群馬
[選手権予選]PK戦10人目までもつれ込む死闘の末、桐生一に勝利!前橋育英が全国へ!!:群馬

[11.8 全国高校選手権群馬県予選決勝 桐生一高 2-2(PK9-10)前橋育英高 正田スタ]

 11月8日、正田醤油スタジアムにて第94回全国高校サッカー選手権群馬県予選決勝が行われ、2-2から双方10人が蹴り合うPK戦までもつれ込む大熱戦の末に、昨年度全国準優勝の前橋育英高が2年連続での選手権出場を決めた。

 群馬のライバル対決となったこの試合。先手を取ったのは前橋育英だった。前半14分、尾ノ上幸生の右CKからMF金子拓郎がヘッド。これがFW横澤航平をかすめてゴールイン。この1点で群馬のタイガー軍団は勢いを得た。「本当は前半でもっと行きたかったんだけれど、行けなくなった」と桐生一高・田野豪一監督が悔やんだように、この得点を機に前橋育英が主導権を握っていく。そして27分、横澤のパスから右サイドを破った佐藤誠司が折り返す。これは相手GKが懸命にクリアも、こぼれ球を拾った横澤が距離をつめてきた相手を巧みにかわして右足シュート。「落ち着いて決められた」という10番の一発が決まって、差は2点に広がった。

 桐生一にとっては何とも苦しい試合展開で、ハーフタイムへ。ここで田野監督は主将のDF一宮憲太を中盤に上げる形でフォーメーションを組み替えて後半に臨む。守備の要を前に出すのはリスクも伴うが、「今年は攻撃も守備も一宮におんぶに抱っこ。あいつを上げればボールが動くのはわかっていた」(田野監督)。さらに後半9分には負傷明けのFW

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子
ゲキサカの記事をもっと見る 2015年11月9日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事

「高校サッカー + 千葉」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら