[選手権]苦しみながらも新潟明訓が選手権初勝利!!終盤の2Gで那覇西退ける


[12.31 全国高校選手権1回戦 新潟明訓高2-0那覇西高 フクアリ]

 第94回全国高校サッカー選手権1回戦が各会場で行われ、フクダ電子アリーナでは16年ぶり6回目の出場となる新潟明訓高(新潟)と、2年ぶり14回目の出場となる那覇西高(沖縄)が対戦した。0-0のまま終盤に突入すると、新潟明訓が2ゴールを奪取、同校史上初となる選手権勝利を挙げた。

「この試合だけは自分たちの良さを出したかった」と田中健二監督が臨んだ新潟明訓は、中盤をダイヤモンド型にした4-4-2を敷き、中盤の両サイド、MF高橋怜大(3年)とMF関口正大(2年)が高い位置を取って起点となってサイドから攻撃を仕掛け、2トップのFW田辺大智(3年)とFW坂田純(3年)にボールを集める。

 MF津嘉山海(2年)がこの試合最初のシュートを放った那覇西は、4-2-3-1の布陣。1トップのFW下地優利(3年)を活かして新潟明訓最終ラインを破ろうとMF津嘉山海(2年)がスルーパスを送るが、シュートまで持ち込むことができなかった。

 前半半ばは膠着状態が続いていたが終盤になると、それまでも高い身体能力で相手守備陣を圧倒していた新潟明訓の田辺がシュートチャンスをつくる。前半37分、MF加藤潤(3年)がFKを素早くリスタートさせて右サイドの高橋に展開すると、高橋からDF白井克秀(3年)へとつながり、白井のクロスに田辺が頭で合わせる。しかし、シュートに力はなく、GK
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク