[選手権]磐田GK志村の後継として「マイナス40からスタート」した市船の1番・寺尾,意地とBチームへ感謝のPKセーブ

[選手権]磐田GK志村の後継として「マイナス40からスタート」した市船の1番・寺尾,意地とBチームへ感謝のPKセーブ
[選手権]磐田GK志村の後継として「マイナス40からスタート」した市船の1番・寺尾,意地とBチームへ感謝のPKセーブ

[1.3 全国高校選手権3回戦 東福岡高 0-0(PK4-3)市立船橋高 フクアリ]

 市船の1番が意地を見せた。0-0で突入したPK戦で4人目まで3-4とリードされた市立船橋高はGK寺尾凌(3年)が雄叫びを上げて相手キッカーにプレッシャーをかけると、右へ跳んでシュートを両手でセーブ。PK戦直前にMF椎橋慧也主将(3年)からBチームの思いこもったキャプテンマークを左腕に巻かれていた守護神がチームを救う。「仲間の思いがあったからこそあの一本は止められたと思います。あの仲間の声援とかなかったらあの一本は止められなかった。Bチームの人には本当に感謝している」。チームは敗れたものの、土壇場で寺尾が見せた一本のセーブをチームメートたちは心から喜んでいた。

 昨年まで2年間に渡って、市立船橋の背番号1はGK志村滉が背負っていた。磐田へ進んだ世代屈指の守護神の後を継ぐ形で市船の守護神の座を任されたのが寺尾だった。想像以上に重かった1番。「(朝岡)監督から新チームの時に『マイナス40からのスタート』と言われて。本当に志村さんの存在は大きすぎて、今年はGKの能力低すぎて負けるんじゃないかと言われ続けた」。それでも、寺尾はチームメートたちと競争しながら成長。3年時は志村も出場の叶わなかった選手権の舞台に立って、この日は会場に訪れた志村も見守る中で前半36分にビッグセーブを見せるなど、市船の1番にふさわしいプレーをしてみせた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年1月3日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。