FC東京が逆転でリーグ戦初勝利、仙台はGK六反が負傷交代するアクシデント

       
[3.6 J1第1ステージ第2節 仙台1-2FC東京 ユアスタ]

 FC東京はアウェーでベガルタ仙台に2-1の逆転勝利をおさめ、今季リーグ戦初勝利を挙げた。1日のACLビン・ズオン戦(3-1)に続く公式戦2連勝。一方の仙台はホーム開幕戦を勝利で飾れず、開幕2連勝を逃した。

 試合は立ち上がりから激しく動いた。仙台は前半7分、MF梁勇基の左CKからニアサイドに飛び込んだDF渡部博文がヘディングで先制点。しかし直後の前半9分、FC東京はDF小川諒也が左後方の位置からFKを放り込むと、逆サイドのDF森重真人が右足ダイレクトでシュート性の折り返しを入れ、オウンゴールを誘発した。

 互いにセットプレーからゴールを奪い合い、1-1。仙台は前半26分にも梁の右CKから再び渡部がヘディングシュートを狙ったが、今度はクロスバーを越えた。FC東京も前半40分、ゴール正面でFKを獲得すると、遠めの位置から森重が右足で狙ったが、GK六反勇治の好セーブに阻まれた。

 1-1の同点で折り返した後半も立ち上がりにゴールが生まれた。FC東京は後半6分、MF橋本拳人がMF東慶悟とのワンツーで左サイドを突破。折り返しをFW前田遼一がスライディングしながら押し込み、2-1と逆転に成功した。

 1点を追う展開となった仙台は後半19分にFW金園英学、同26分には移籍後初出場となるMF水野晃樹を投入。さらに最後の交代カードとしてFW野沢拓也を準備させていた後半35分、まさかのアクシデントが襲う。

 六反が左足でキックした際に軸足の右足首を負傷。プレー続行不可能と判断され、急きょ野沢の投入を取りやめ、六反に代わってGK関憲太郎がピッチに入った。六反は明日7日から千葉県内で合宿を行う日本代表候補にも選出されているが、参加は難しそうだ。試合はそのままタイムアップを迎え、FC東京が2-1で勝利。敵地で今季リーグ戦初勝利を飾った。
●[J1]第1ステージ第2節2日目 スコア速報

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ベガルタ仙台」に関する記事

「ベガルタ仙台」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ベガルタ仙台」の記事

次に読みたい「ベガルタ仙台」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年3月6日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. ベガルタ仙台 日本代表
  2. ベガルタ仙台 移籍

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。