[クラブユース選手権(U-18)]展望:Cグループ最注目は鳥栖、激戦区Dグループは選手層随一のFC東京リードもJ3との連戦か

[クラブユース選手権(U-18)]展望:Cグループ最注目は鳥栖、激戦区Dグループは選手層随一のFC東京リードもJ3との連戦か
[クラブユース選手権(U-18)]展望:Cグループ最注目は鳥栖、激戦区Dグループは選手層随一のFC東京リードもJ3との連戦か

第40回日本クラブユースサッカー選手権(U-18)大会

【Cグループ展望】:
清水エスパルスユースサガン鳥栖U-18三菱養和SCユース松本山雅FC U-18

 グループCの最注目は鳥栖U-18だ。寮を建設するなどアカデミーに注力する近年の取り組みが奏功し、初めて九州予選優勝を果たすなどレベルアップ。戦力で見ても、今年は上位に食い込めるだけのメンツが揃う。世代別代表の経験を持つFW田川亨介石川啓人の2トップがチームの顔だが、守備にもU-17日本代表のDF藤松航矢を擁し、穴は少ない。5年ぶりの出場だが、ダークホースとなる可能性は十分だ。

 清水ユースは昨年、「タレントがいない」(平岡宏章監督)状況ながらもベスト16まで進出。今年は189cmの長身を活かした高さ誇るCB立田悠悟や守備のマルチプレーヤー梅村豪など魅力のある選手が後方に揃い、昨年以上の成績が期待される。俊足のFW中野優太、小柄な技巧派MF滝裕太ら攻撃陣の活躍によって、課題である決定力不足を解消できるか期待したい。

 激戦区・関東を勝ち抜いた“街クラブの雄”三菱養和SCもDF杉山耕二、MF齊藤一、FW平山駿と縦のラインに実力者が並び、全国でもJアカデミーをなぎ倒すだけの可能性を秘めている。5年ぶり2回目の出場となる松本U-18は、今季、MF賜正憲杉山俊、FW小松蓮の3選手がクラブ史上初めて2種登録を果たすなど少しずつ育成の成果が出始めている。初出場した際は、グループステージで神戸U-18に0-18で大敗するなど1点も奪えないまま大会を去ったが、今年はチームとしての成長を結果という形で示したいところだ。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2016年7月22日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。