負傷者たちも復帰、23人のU-16日本代表が世界切符獲得で同世代の可能性広げる

負傷者たちも復帰、23人のU-16日本代表が世界切符獲得で同世代の可能性広げる
負傷者たちも復帰、23人のU-16日本代表が世界切符獲得で同世代の可能性広げる

 AFC U-16選手権インド2016(9月15日~10月2日)で2大会ぶりとなるU-17W杯出場を目指すU-16日本代表メンバーが決まった。今年に入って主力候補と目されていた選手たちに負傷者が続出するなど厳しい状況もあったが、それらの選手たちもほぼ回復。アジアを勝ち抜くため、ベストの陣容となった。

 怪我明けのメンバーの中でもCB瀬古歩夢(C大阪U-18)とCB小林友希(神戸U-18)が大会に間に合ったのは大きい。森山佳郎監督が「いるか、いないかでかなり大きな違い。小林と瀬古は順調に成長してくれれば前々回の植田、岩波くらいの期待値はあるかなと考えている」と2大会前の主軸CBでリオ・デ・ジャネイロ五輪出場に貢献した植田直通岩波拓也のCBコンビの名前を出して期待する2人は、ともに代表復帰となった8月末の鹿児島合宿でも安定感高いプレー。また中盤の軸のひとりであるMF喜田陽(C大阪U-18)も登録メンバーに入り、「思ったほど悪くなく戻ってきてくれた。いてくれるだけで良かったという選手たちが最後に戻ってきてくれた」と森山監督を喜ばせた。

 森山監督は「試合に出るかベンチに入ったサブ以外からは呼ばないと宣言していますから、ここ数年では一番1年生が出ている代と思う。試合に出ている選手を呼ぶと言っているので、多くの選手がクリアしてくれている」と、高校1年生中心の彼らに所属チームで試合に出場することを求めてきた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2016年9月8日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。