ブンデスリーガでスポンサーがスタジアムの命名権を譲渡…その粋な理由

ブンデスリーガでスポンサーがスタジアムの命名権を譲渡…その粋な理由
ブンデスリーガでスポンサーがスタジアムの命名権を譲渡…その粋な理由

 ブンデスリーガダルムシュタットが、今季のホームスタジアムの名称をジョナタン・ヘイムス・シュタディオンとすることを発表している。

 ダルムシュタットは医薬品メーカーのメルク社とスタジアムの命名権契約(ネーミングライツ)を結んでおり、本拠地の名称は2015年よりアム・ベレンファルトーア・シュタディオンだった。ところが今回、メルク社が今季の契約を放棄したというのだ。ただそれには粋な理由が存在する。

 今年3月、ジョナタン・ヘイムスさんという青年がこの世を去った。26歳だった。長年、ガンとの闘病を続けてきたが、完治は叶わなかった。そのヘイムスさんは生前、ダルムシュタットの大ファンだった。

 クラブはヘイムスさんをイベントに招待するなど、交流を続けていた。ヘイムスさんの名前を残したいという家族の意向があり、クラブも賛同。メルク社と交渉してガンの子供たちを支援する非営利団体の「DUMUSSTKAMPFEN」に今季のネーミングライツを譲渡することを決めたのだ。

 この決定にヘイムスさんの父親は「息子が愛したクラブのスタジアムの名前になることは、彼も喜んでいると思う」と感謝を語っている。
●ブンデスリーガ2016-17特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2016年9月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら