「東京五輪への推薦状」第26回:00ジャパンに挑戦する“武器”、「目」を持つパサー、西武台MF大塚悠平

「東京五輪への推薦状」第26回:00ジャパンに挑戦する“武器”、「目」を持つパサー、西武台MF大塚悠平
「東京五輪への推薦状」第26回:00ジャパンに挑戦する“武器”、「目」を持つパサー、西武台MF大塚悠平

 2020年東京五輪まであと4年。東京五輪男子サッカー競技への出場資格を持つ1997年生まれ以降の「東京五輪世代」において、代表未招集の注目選手たちをピックアップ

 9月29日、U-16日本代表“00ジャパン”のアジアでの戦いは幕を閉じたが、それは世代としての活動の終幕を意味するわけではない。ここから新たに始まるのは、U-17ワールドカップ、世界大会へ向かう戦いである。

 森山佳郎監督は「まだ出てきていない選手がきっと日本のどこかにいるはず」と以前から語っており、試合後にも「これまで試せなかった新しい選手たちを試していきたい。どんどん出てきてほしい」と積極的に新戦力をテストしていく考えを明らかにした。

 対象となる2000年以降に生まれた選手の多くは現高校1年生に相当する。後に日本代表になるような選手でも、この段階ではまだ埋もれていたという例は特に珍しくもない。たとえば大島僚太は、静岡学園高に在籍した3年間、一度も日の丸を付けることのなかった選手である。

 その大島も出場していた関東・静岡U-16ルーキーリーグへ、AFC U-16選手権出発前に「第2の大島」を探しに行ってきた。そもそも私が大島を初めて観たのもこの大会だったので、そういう縁がまたあるかもしれないという期待はあった。Aチームに絡んでいる選手もいれば、まだ1年生チームでもがいている選手もいる。いろいろな選手が混在する中で、何人かの選手が目に付いた。その中でも、ちょっと違う存在感を持っていたのが、

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2016年9月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら