2本に1本決められる…プレミアのGKセーブ率最下位はチェルシーのクルトワ

2本に1本決められる…プレミアのGKセーブ率最下位はチェルシーのクルトワ
セーブ率最下位となったのはGKティボー・クルトワ

 英『デイリー・メール』が今季プレミアリーグのセーブ率ランキングを紹介している。

 各チーム1名ずつの計20名がランク付けされており、1位は77.8%の同率でマンチェスター・シティGKクラウディオ・ブラーボとトッテナムGKウーゴ・ロリス。逆に最下位となったのは、47.1%でチェルシーGKティボー・クルトワだった。クルトワは全20選手中で唯一50%を下回り、枠内シュート2本のうち1本以上は決められている計算だ。

 クルトワはアトレティコ・マドリーでの武者修行を経て、2014年8月にチェルシーへレンタル復帰。正守護神だったGKペトル・チェフのボジションを奪う形で開幕からレギュラーの座についていた。そのチェフは翌2015年6月にライバルチームのアーセナルへ追い出されるように移籍したが、今回のランキングではチェフが70.8%で8位とクルトワよりも優れたデータを示している。

 もちろんチームの守り方の問題などもあり、この数字だけが全てではないが、クルトワはチェルシー復帰以降、周囲からの批判もよく聞かれるのも事実。クルトワは自身のパフォーマンスで周りを納得させることができるだろうか。

 以下、セーブ率ランキング

1. クラウディオ・ブラーボ(マンチェスター・C)/77.8%
1. ウーゴ・ロリス(トッテナム)/77.8%
3. トム・ヒートン(バーンリー)/76.5%
4. ベン・フォスター(WBA)/75.0%...続きを読む

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2016年10月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。