前取締役不祥事の盛岡はJ3ライセンス交付継続審議

前取締役不祥事の盛岡はJ3ライセンス交付継続審議
J3ライセンスの交付が継続審議されることになったグルージャ盛岡

 Jリーグは12日、現在J3に所属するクラブの17シーズンのJ3ライセンス判定結果を発表した。申請を行った8クラブのうち、グルージャ盛岡のみ継続審議が必要と判定された。前取締役による不祥事が発覚したため、11月の理事会で再び経営状況を中心に事実確認を行う必要があるためだという。

 またJ2ライセンスが不交付となった鹿児島ユナイテッドFCにもライセンスが交付される。

 なお、8クラブ以外にはJ1ライセンスおよび、J2ライセンスがすでに交付されることが発表になっている。さらにヴァンラーレ八戸FC、アスルクラロ沼津奈良クラブにもJ3ライセンスが交付される予定で、今季JFLの順位などの条件を満たせば、来季のJ3昇格が承認される。

現J3クラブの来季ライセンス判定結果
▽J1ライセンス
栃木SC
カターレ富山
大分トリニータ

▽J2ライセンス
AC長野パルセイロ
ガイナーレ鳥取

▽J3ライセンス
ブラウブリッツ秋田
福島ユナイテッドFC
Y.S.C.C.横浜
SC相模原
藤枝MYFC
鹿児島ユナイテッドFC
FC琉球

▽J3ライセンス継続審議
グルージャ盛岡

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2016年10月12日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら