自力での残留誓う磐田DF大井「ここまで来たら有利も不利もない」

自力での残留誓う磐田DF大井「ここまで来たら有利も不利もない」
次節仙台戦での必勝を誓うジュビロ磐田DF大井健太郎

[10.29 J1第2ステージ第16節 磐田0-1浦和 エコパ]

 引き分けでも他会場の結果によって残留が決まる状況だった。しかし、浦和に0-1の完封負けを喫したジュビロ磐田は残留を確定させることができず、最終節を迎えることになった。

 序盤から浦和に押し込まれる時間帯が続いたものの、集中した守備で相手攻撃をはね返してゴールを割らせない。DF大井健太郎が「先に点を取られてしまうと、浦和にボールポゼッションを高められて、僕らが奪いに行った後に裏を狙われてしまう。だから前半は0-0でもいいという感じで入った」と話したように体を張ってゴールを守り、得点を許さずに前半を折り返した。

 しかし、後半27分にFW武藤雄樹に先制点を奪われると、そのまま逃げ切られてしまう。試合終盤にはリードしていた浦和が「引いてくれた」ために、ボールを保持する時間もあったが得点機を創出することはできず。「浦和と違って危険なクロスがなかったし、ジェイやアダ(アダイウトン)が強くても、そこは相手も警戒しているので、それだけでは難しい」と効果的な攻撃を繰り出せなかったことに大井は声を落とした。

「浦和は本当に強かった。奪った後のファーストプレーの精度を高くしないと攻めるのは難しかったし、もう少しカウンターをハメられれば良かった」

 残留を争う甲府、新潟、名古屋が敗れたため年間順位は13位、降格圏の16位名古屋との勝ち点差3は変わらない。残留に最も近い位置におり、最終節は引き分け以上で自力での残留が決まる状況だ。「ここまで来たら有利も不利もない。勝ったチームが抜けると思うけど、ただ前掛かりになるのではなく後ろがコントロールしながら試合を進めたい。まずは仙台を倒すことだけを考えます」と自力での残留を誓う。

(取材・文 折戸岳彦)●[J1]第2ステージ第16節 スコア速報

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ジュビロ磐田 中村俊輔
  2. ジュビロ磐田 名波浩
  3. ジュビロ磐田 大久保嘉人
ゲキサカの記事をもっと見る 2016年10月29日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ジュビロ磐田 + 大久保嘉人」のおすすめ記事

「ジュビロ磐田 + 大久保嘉人」のおすすめ記事をもっと見る

「ジュビロ磐田 + 移籍」のおすすめ記事

「ジュビロ磐田 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。