清水が大前&鄭大世の5戦連続アベック弾で6連勝

[11.3 J2第39節 清水4-1京都 アイスタ]

 清水エスパルスがホームで京都サンガF.C.に4-1で快勝し、6連勝を飾った。同日に2位の松本も勝利したため、勝ち点3差の3位は変わらず。また、7試合ぶりの敗戦を喫した京都も昇格プレーオフ圏内の6位のままとなっている。

 開始からハイテンポで試合が進む中、先にスコアを動かしたのは清水だった。前半アディショナルタイム2分にMF大前元紀の右CKに頭で合わせたDF角田誠が一度は相手GKに止められるも、自らこぼれ球を押し込んでネットを揺らした。

 1点リードで前半を折り返すと、後半20分には左サイドからDF松原后が左足で内巻きのクロス。PA内中央に走り込んだFW鄭大世が右足で豪快に蹴り込み、2-0とした。

 こうなると期待されるのは、4試合続いている鄭大世と大前のアベックゴール。後半28分にPA内右にフリーで抜け出した鄭大世がニアのMF白崎凌兵にプレゼントパスを送り、3点目を演出すると、同34分に待望の瞬間が訪れた。

 松原が左サイド深くのオープンスペースでボールをもらい、ダイレクトで低いクロスを供給。PA内中央の大前が倒れながら左足で合わせ、ゴール左に押し込んだ。大前は得点直後、近くにいた鄭大世と力強く抱擁。これで大前と鄭大世のアベックゴールは5試合連続となった。

 4-0のまま最終盤に突入し、5試合連続の無失点も見えてきた清水だったが、後半アディショナルタイム5分に京都のCKからFWキロスのヘディング弾を浴び、1点を献上。この失点の直後に終了のホイッスルが吹かれ、4-1の勝利となった。
●[J2]第39節 スコア速報

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 清水エスパルス 北川航也
  2. 清水エスパルス 日本代表
  3. 清水エスパルス 移籍
ゲキサカの記事をもっと見る 2016年11月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

「清水エスパルス + 北川航也」のおすすめ記事

「清水エスパルス + 北川航也」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュース

次に読みたい関連記事「G大阪」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。