[関西]阪南大V決定、大院大のインカレ出場消滅…残る全国切符3枚を4校で奪い合う:後期第9節

[関西]阪南大V決定、大院大のインカレ出場消滅…残る全国切符3枚を4校で奪い合う:後期第9節
山崎のゴールで先制した阪南大が4-0勝利で優勝を決めた

第94回関西学生サッカーリーグ1部

 第94回関西学生サッカーリーグ1部の後期第9節が10月29日に各地で行われた。阪南大大阪体育大に4-0で快勝し、2位の関西学院大関西大に0-1で敗戦。今季2試合を残して、阪南大と2位以下の勝ち点差が9差に開いたため、阪南大の2年ぶり8度目となる優勝が確定した。

 阪南大大阪体育大と対戦。FW山口一真(3年=山梨学院)が1得点2アシスト1演出と全得点に絡む活躍をみせたほか、MF脇坂泰斗(3年=川崎F U-18)は1得点1アシスト。4発奪っての完封勝利で2連勝を飾った。

 同会場の第2試合で2位の関西学院大関西大に0-1の敗戦。この結果、阪南大と2位以下が勝ち点9差に開いたため、今季2試合を残しての優勝が決まった。(試合詳細はこちら)

 4位以内の全日本大学選手権(インカレ)出場枠を巡る争いでは、順位の入れ替わりが起きた。4位の立命館大びわこ成蹊スポーツ大に1-4で敗れ、インカレ圏外の5位へ後退し、阪南大に敗れた大阪体育大も3位から4位へ後退した。一方で関西学院大を下した関西大がインカレ圏外の5位から3位へ浮上している。

 2位・関西学院大と3位・関西大が勝ち点39で並んでおり、4位・大阪体育大が勝ち点37。勝ち点36の立命館大が後を追う。この4校のうち、冬の大学日本一決定戦にいけるのは3校のみ。熾烈な戦いが続く。

 また6位の大阪学院大大阪教育大に4-1で快勝。3戦8発の3連勝を飾った。とはいえ、残り2試合で4位以内と勝ち点7差になったため、インカレ出場の可能性は消滅してしまった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2016年11月3日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。