[MOM414]順天堂大DF柳澤亘(2年)_かつての名SB・堀池監督の指示で転向した右SBが1G1A!

[MOM414]順天堂大DF柳澤亘(2年)_かつての名SB・堀池監督の指示で転向した右SBが1G1A!
順天堂大の右SB柳澤亘は1得点1アシストの活躍

[大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[12.10 全日本大学選手権(インカレ)2回戦 順天堂大 2-1 慶應義塾大 味フィ西]

 右SBのポジションを始めたのは今年になってから。大学生になってから初めて挑戦するポジションでのシーズンを送ってきたが、順天堂大の背番号22は「スペースが結構あるんで。(相手の守備にとって)SBってハメどころだと思うんですけど、そこで外すとか、かわしていくのが楽しかったりする」と右SBのポジションを楽しんでプレーしている。そして、「監督に感謝です」。順大は“楽しみながら”右SBで躍動する柳澤亘(2年=八千代松陰高)が1得点1アシストの活躍で勝利に貢献した。

 内側側副靭帯の負傷による約40日間の離脱から今月6日に復帰したばかり。当初出場予定だった右SBが怪我したこともあったが、起用してくれたチームに応える攻守における活躍だった。前半10分に右サイドでの切り返しでDFを外して決定的なクロスを上げていた柳澤は、1-1で迎えた後半40分にも「前半と同じ形で。(対面のDFが)突っ込んでくるという情報も入っていたので、落ち着いて切り返すことができた」と同じように飛び込んでくるDFを切り返しでかわしてラストパス。これを1年生FW浮田健誠(柏U-18)が1タッチでゴールへ流し込んで決勝点となった。

 決勝点をアシストした柳澤は0-1の後半4分にもFKから「あんまり得意じゃない」というヘディングで同点ゴール。後半には相手FWにスルーパスで抜け出されながらもスピードを活かしたカバーリングで止めて見せるなど守備面での活躍も光った。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2016年12月10日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。