[MOM2013]山梨学院FW藤原拓海(3年)_チームのためにあいつのために自分のために――走る!


[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[1.2 全国高校選手権2回戦 山梨学院2-1尚志 駒沢]

 この試合で決勝点を挙げた山梨学院高(山梨)のMF小林友也(3年)は言う。「一戦一戦、チームの絆、一体感は強まっている」。同じ感覚は安部一雄監督も抱いているようで「一試合勝っても集中力は続いている」と言う。

 現在の山梨学院のチーム事情を語る上で、FW加藤拓己(2年)の不在は外せない。U-17日本代表FWは、それほどまでに大きなチームのストロングポイントだった。だが、そんな大黒柱がいない状態で選手権2勝。ピッチ上の選手のプレーからは冷静でいつつも、「なんとかしよう」という必死さが感じられる。

 その急先鋒といっていいのがFW藤原拓海(3年)かもしれない。加藤が不在の上に、1回戦で躍動したFW宮崎純真(1年)も足を痛め、この試合でスタメンは叶わず。急遽「初めて」(安部監督)というDF池澤飛輝(3年)をトップに据えるほどFW事情は苦しい。そんな中、3年生FWが背中でチームを引っ張った。チームは劣勢を想定せざるをえない。当然、攻撃チャンスは減る。

 だが、奪えそうにないボールでも追う。味方のフォローが追いついてなくても競る。その献身性は「チーム一」という50メートル5秒8の快速もあいまって余計目を引く。

 1回戦ではシュート0本で後半23分に交代した。だが、この日はスタメンフル出場でシュート1本を記録し、後半14分の同点ゴールをアシストした。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「高校サッカー」に関する記事

「高校サッカー」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「高校サッカー」の記事

次に読みたい「高校サッカー」の記事をもっと見る

サッカーニュースランキング

サッカーランキングをもっと見る
お買いものリンク