英メディアが将来有望な日本人トップ5を選定…ワールドクラスの選手に例えられたJリーガーも

英メディアが将来有望な日本人トップ5を選定…ワールドクラスの選手に例えられたJリーガーも
英メディアが有望なJリーガーのトップ5を選定した

 Jリーグでプレーする若手日本人選手に海外も注目しているようだ。英『アウトサイド・オブ・ザ・ブート』が2016年のJリーグで活躍した22歳以下の選手の中から、将来有望なトップ5を選定している。

 同メディアは「2016年Jリーグの若手選手トップ5」と題した記事で「“キングカズ”こと三浦知良や中田英寿をはじめ、本田圭佑香川真司、2015年にベストヤングプレーヤー賞を受賞した浅野拓磨など、Jリーグは優れた選手を輩出してきた実績がある」と前置きし、22歳以下の有望な日本人選手をランキング形式で紹介した。

 5位に選ばれたのは浦和MF関根貴大(21)。左サイドでもプレーできる右利きの優秀なウインガーと説明され、若くしてJリーグで豊富な出場経験を持ちながら夏のリオデジャネイロ五輪のメンバーから落選したエピソードなどにも触れられている。

 4位には柏DF中谷進之介(20)がランクインした。リオ五輪のバックアップメンバーにも選出された同選手は、2016年の公式戦で欠場したのは6試合のみで、主力センターバックとして12試合のクリーンシートに貢献したと紹介されている。

 3位には、クラブW杯での活躍も記憶に新しい鹿島FW鈴木優磨(20)が選定された。2016年は途中出場を中心にリーグ戦31試合で8得点を記録した鈴木は、J1優勝が懸かったチャンピオンシップ決勝第2戦の浦和戦(2-1)で、FW金崎の決勝ゴールにつながるPKを獲得。同メディアでは「マルチな才能を持つ鈴木は、石井監督のゲームプランに不可欠な存在となっていた」と、その切り札としての勝負強さを高く評価した。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 三浦知良 Instagram
  2. 三浦知良 年俸
  3. 三浦知良 次男
ゲキサカの記事をもっと見る 2017年1月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「三浦知良 + Instagram」のおすすめ記事

「三浦知良 + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

「三浦知良 + 年俸」のおすすめ記事

「三浦知良 + 年俸」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「久保建英」のニュース

次に読みたい関連記事「久保建英」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。