[新人戦]新生・青森山田は反省の初白星。ピッチ立つ資格ある選手はまだ数人、試合内容も「2、30点」

       
[新人戦]新生・青森山田は反省の初白星。ピッチ立つ資格ある選手はまだ数人、試合内容も「2、30点」
後半18分、青森山田高は10番MF郷家友太が先制点

[1.28 東北高校新人選手権1回戦 山形中央高 0-2 青森山田高 光陽A]

 新生・青森山田、反省の初白星――。第16回東北高校新人サッカー選手権大会が28日に福島県相馬市の相馬光陽サッカー場で開幕。16年度のプレミアリーグチャンピオンシップと全国高校選手権を制した青森山田高(青森1)の新チームが初陣で山形中央高(山形1)と戦い、10番MF郷家友太(2年)の先制点とオウンゴールによって2-0で勝った。青森山田は29日の準決勝で仙台育英高(宮城1)と戦う。 

 2-0で初戦突破したものの、学校業務などによって今大会不参加の黒田剛監督に代わって青森山田の指揮を執る正木昌宣コーチは「内容は求めているものの20点、30点くらい」と厳しい評価。それは必然の結果だった。

「ウォーミングアップでも来ただけで満足している選手がいたので、途中で5人くらいアップ止めろと。青森山田のアップって全国的に見ても相手が嫌だなと思うようなもの。試合の前から勝負が始まっているんだという自覚がまだまだ薄いかなと思います。声だけでなく顔つきだったりが、まだまだ新チームだなと」と正木コーチ。声や表情で相手を試合前から飲み込み、試合では立ち上がりから一気に流れを傾ける。青森山田の“本来の”試合前の雰囲気には程遠かった。

 2冠を獲得した16年から17年は3冠、選手権連覇などを期待する声が早くも選手たちに掛けられている。実際、正木コーチも技術面の高さなど今年のチームのポテンシャルを認めるが、現段階では青森山田の一員として試合に出る資格があるだけの気迫、攻守の切り替え、ハードワークなどを表現できているのは昨年からのレギュラーである主将のCB

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年1月28日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。