“止まった時計の針”を動かすサックスブルーの10番…中村俊輔、日産スタ初凱旋

“止まった時計の針”を動かすサックスブルーの10番…中村俊輔、日産スタ初凱旋
日産スタジアムに初凱旋するMF中村俊輔

「DAZN×ゲキサカ」J1第6節 注目試合ピックアップ
4月8日(土)
横浜FM vs 磐田 [日産ス]

 J1第6節が4月7日、8日に行われる。日産スタジアムでは9位の横浜F・マリノスと10位のジュビロ磐田が対戦。MF中村俊輔が磐田移籍後、初めて古巣の本拠地に凱旋する。

 開幕2連勝と好スタートを切った横浜FMだが、その後の3試合は1分2敗。開幕5試合で勝ち点7という数字は、同試合数で勝ち点2にとどまった2012年以来の少なさとなっている。

 要因の1つに挙げられるのが5試合6失点の守備面だ。前節のC大阪戦(0-2)後、Jリーグ公式サイトを通じてエリク・モンバエルツ監督が「セットプレーからの得点に注意しなければいけなかったが、残念ながらその流れで失点してリードを許し、難しい展開になってしまった」と語った通り、リスタートやクロスへの対応に課題を残す。

 昨季まで計13シーズン在籍した元背番号10の左足の恐さは、他ならぬ横浜FMが一番よく知っているはずだ。磐田とのホーム直近6試合は無敗(5勝1分)で、そのうちの4試合は無失点。逆に磐田も横浜FM戦直近17試合で複数得点は1度もない。その相性の良さを生かし、相手の強みを封じられるかがポイントとなる。

 攻撃では、中村から背番号10とキャプテンマークを継承したMF齋藤学に注目。中村は前節に右サイドハーフでプレーしており、左サイドの齋藤とマッチアップする可能性もある。昨季の磐田戦ホーム&アウェーでそれぞれアシストを記録したMFマルティノスとともに、両サイドを中心に相手の守備を崩したい。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 中村俊輔 ジュビロ磐田
  2. 中村俊輔 フリーキック
  3. 中村俊輔 年俸
ゲキサカの記事をもっと見る 2017年4月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「中村俊輔 + 移籍」のおすすめ記事

「中村俊輔 + 移籍」のおすすめ記事をもっと見る

「中村俊輔 + フリーキック」のおすすめ記事

「中村俊輔 + フリーキック」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュース

次に読みたい関連記事「堂安律」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら