[船橋招待U-18大会]「引かれようが崩し切る]「徹底的に回す」永井秀樹新監督の下で復活への道歩み始めた東京Vユース

[船橋招待U-18大会]「引かれようが崩し切る]「徹底的に回す」永井秀樹新監督の下で復活への道歩み始めた東京Vユース
東京ヴェルディユースのCB谷口栄斗は「もっと質を高めていきたい」

[4.2 船橋招待U-18大会決勝リーグ 矢板中央高 2-1 東京Vユース 高瀬下水処理場上部運動広場]

「自分の目指すサッカーはボール保持率が生命線。そこでしたたかに崩しきれないと。ボールは持っている、上手いけれども勝てないと言われないように。Jのトップでも、ボール保持しても最後の決めるところは(個の強い)外国人だったりするじゃないですか。でも、そうじゃなくて(コンビネーションで)、相手が引かれようが崩し切る。ドン引きされて回していいよと言うことであれば、徹底的に回せばいい。そして良いサッカーをして勝つ。それが自分の中のテーマ」

 東京ヴェルディユースの新監督に就いたのは、昨年まで現役選手として長く東京ヴェルディを支えてきた永井秀樹氏。「きちっと止めて、きちっと蹴る」ことを求める新指揮官が最初のトレーニングで行ったのは、基本的な対面パスだったという。「できない選手の底上げももちろん、できる選手はできますよと思うかもしれないけれどそれは、イニエスタと同じか、シャビと同じレベルなのか、と」。現役時代、テクニカルなプレーで観衆を沸かせた永井新監督もボールを止める、蹴るはできると思っていたというが、それは国内での話。上には上がいることを痛感させられた。「何となく上手いではいけない」。自分達が挑戦するサッカーをより高いレベルで表現するために、徹底的にキックを練習させて、蹴る、止めるのレベルを引き上げている。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年4月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら