[船橋招待U-18大会]「引かれようが崩し切る]「徹底的に回す」永井秀樹新監督の下で復活への道歩み始めた東京Vユース

 
 3月31日から4月2日まで開催された船橋招待U-18大会で東京Vユースは予選リーグを無敗で勝ち上がった。U-18日本代表MF藤本寛也がトップチームに帯同していたため、大黒柱不在の中での戦いだったが、決勝リーグでもスーパールーキーのMF山本理仁やMF森田晃樹、MF河田稜太を中心にボールを握って名古屋U18を押し込んでいた。それでも、相手のプレッシャーの前にミスを犯して失点。最後の崩しに課題を残して0-3で破れると、矢板中央高との一戦はMF{{村井清太}が自らPKを獲得して追いつきながらも終盤にミスから決勝点を献上して1-2で敗れた。

 内容は悪くなかったかもしれない。だが、プリンスリーグ関東に所属している現在から、もう一度「強いヴェルディユース」を作り上げるためには、どんな相手でも崩して点を奪い、どんな試合でも負けないで勝ち続けること。主将のCB谷口栄斗は「1試合1試合圧倒してずっとボールを持ち続けろと言われているので、それをやりたい。できない訳じゃない。もっと質を高めていきたい。(永井新監督には)基礎からやってもらっています。止める、蹴るはもっと極めると永井さんにはそう言われています。試合中と練習の対面パスは違うので難しいですけれど前の選手とかは上手くなっているし、もっと質を上げていきたい。(自分は)去年(プレミアリーグ)参入戦出ていた立場なので、またあの舞台に上がらないといけない。1試合1試合勝ち点を取って、一年を通していい結果を出したい」と力を込めた。

 永井新監督は「謙虚さも必要」と高校年代最高峰のリーグ戦であるプレミアリーグに所属できていない現実をしっかり理解させた上で、勝者のメンタリティーを植え付けていきたい考えだ。「ヴェルディが将来目指す姿は伝えないといけないし、やらせないといけない」。現役引退後、即ユースチームの監督という難しさはある。すぐには結果が出ないかもしれない。だが、責任を持ってヴェルディ復活のために、選手たちとともに全力で課題にトライする。

(取材・文 吉田太郎)

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年4月7日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。