[プレミアリーグEAST]終了間際に横浜FMユースMF山田が同点弾、大宮ユースとドロー

[プレミアリーグEAST]終了間際に横浜FMユースMF山田が同点弾、大宮ユースとドロー
後半45分、横浜F・マリノスユースMF山田康太が同点ゴール

[4.8 高円宮杯プレミアリーグEAST第1節 大宮ユース 1-1 横浜FMユース 味スタ西]

 高円宮杯U-18プレミアリーグが8日に開幕し、EASTの大宮アルディージャユース横浜F・マリノスユースとの試合は、1-1で引き分けとなった。大宮ユースが粘り強い守備から先制に成功したが、横浜FMユースは、試合終了間際の90分にセットプレーから同点弾を叩き込み、辛くもドローに持ち込んだ。

 横浜FMユースで今季から指揮を執る西谷冬樹監督が「開幕戦の難しさなのか、前半は、動きが硬かった」と話したとおり、試合の立ち上がりは、大宮ユースのペースだった。相手が外から中へ入って来るところでボールを奪い、サイド攻撃でチャンスを作り出した。前線のプレッシャーも積極性があり、前半14分には、FW氏川匡がGKにプレッシャーをかけ、ロングパスをブロックしたボールがゴールに入りかけた。また、FW奥抜侃志のドリブルで何度も敵陣へ押し込み、右MF大室慶将らが絡んでゴールへ迫った。大塚真司監督が「やろうと思って来たことを堂々とやってくれていた」と評価した戦いぶりで試合を優位に進めた。

 一方、苦しんでいた横浜FMユースは、両サイドを広げた間に縦パスを通して反撃。FW岩城大助が相手の背後へ流れ、MF塚田裕介やMF山田康太が連動してチャンスを作り出した。後半に入ると、完全にペースを逆転。主将の山田は「自分のプレーでチームを引っ張っていこうと思ったけど、最初は大会の雰囲気に飲まれた。ただ、前半、自分がずっとマークされているなと思ったので、前半の終わり頃に(相手のマークを引き連れてスペースを空けるために)一度逆サイドに行くなど工夫した。選手間で良くしていくための話し合いもハーフタイムでできていた」と逆襲の過程を振り返った。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年4月8日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。