先制アシストの筑波大MF三笘は不発に悔しさ、バックスピンは「狙ってない」

先制アシストの筑波大MF三笘は不発に悔しさ、バックスピンは「狙ってない」
先制アシストした筑波大MF三笘

[4.23 第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会1回戦 YS横浜1-2筑波大 BMWス]

 狙っての“バックスピン”かと思いきや、本人は「全然狙ってないです」と苦笑いで語った。筑波大は天皇杯1回戦でY.S.C.C.横浜に2-1で勝利し、2回戦へ駒を進めた。試合後、先制アシストしたMF三笘薫(2年=川崎F U-18)は「何もしてない」と悔しさを浮かべていた。

 前半38分に試合は動いた。相手GKからDFへのパスを奪った三笘。ボールはゴールラインを割るかと思われたが、逆回転がかかっており、ピッチ内へ戻った。冷静に拾ったMFは中へ折り返し、これをFW中野誠也(4年=磐田U-18)が決めた。技術ある三笘のアシスト。狙って逆回転をかけたかにも思われたが、自身は「狙ってないです。ただボールに当たって、バックスピンがかかったので、外に出ないのは分かりました」と振り返る。チームはその後に1点を追加。終了間際に1失点したものの、2-1で2回戦進出を果たした。

 先制アシストしたが、追加点直前の後半34分に不発のまま交代しており、試合後には悔しい表情。「自分の特長を出せなかったですし、それ(先制点)しか絡んでいないので、悪かったなと思っています」と反省。「何もしてない。一人も抜いていない。SHやトップ下としては自分でチャンスをつくれていないので……」と唇を噛んだ。

 筑波大の小井土正亮監督は「イレギュラーなバウンドをして、隙を逃さなかったという意味では半分くらい彼の得点。貢献度があったと思いました」と言いつつも、「けれど途中交代したときの顔や、控え室での顔を見ると彼自身が一番納得いっていない。もっとできるだろうという気持ちが強いですし、こういう試合で点を取って評価される選手。もっとゴールに向かって貪欲にやってもらえれば」と奮起を促した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年4月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。