交代出場の柴崎はトップ下に…テネリフェ逃げ切れず、ラストプレーで同点被弾

[4.23 リーガ・エスパニョーラ2部第35節 ヌマンシア1-1テネリフェ]

 リーガ・エスパニョーラ2部第35節が23日に開催され、MF柴崎岳が所属するテネリフェがヌマンシアのホームに乗り込み、1-1で引き分けた。ベンチスタートとなった柴崎は後半20分にピッチに送り込まれたが、得点に絡むことはできなかった。

 前半をスコアレスで折り返した試合は、後半もスコアが動かずに進んでいき、後半20分にはテネリフェベンチが動いて柴崎が投入される。すると同23分、左サイドを突破したMFアーロン・ニゲスのクロスをFWアントニー・ロサノがヘディングで合わせてネットを揺らし、テネリフェが先制に成功した。

 トップ下の位置に入った柴崎は、ボールを呼び込めずに組み立てになかなか関与できなかったが、相手最終ラインまでプレッシャーを掛けるなど守備に奔走。しかし、テネリフェがこのまま逃げ切るかと思われた後半アディショナル、ヌマンシアにセットプレーから同点ゴールを奪われ、試合は1-1の引き分けに終わった。

●欧州組完全ガイド
●リーガ・エスパニョーラ2016-17特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年4月23日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。