マンチェスター・ダービーは両者譲らずスコアレスドロー…シティはフェライニ退場のユナイテッドから得点奪えず

マンチェスター・ダービーは両者譲らずスコアレスドロー…シティはフェライニ退場のユナイテッドから得点奪えず
伝統の一戦、マンチェスター・ダービーはスコアレスドローに終わった

[4.27 プレミアリーグ第26節延期分 マンチェスター・C 0-0 マンチェスター・U]

 プレミアリーグは27日、第26節延期分の1試合を行った。エティハド・スタジアムでは、マンチェスター・シティマンチェスター・ユナイテッドによる“マンチェスター・ダービー”が開催され、0-0で引き分けに終わった。

 ホームのシティは23日に行われたFA杯準決勝アーセナルから3人を変更。DFアレクサンダル・コラロフとDFパブロ・サバレタ、MFラヒーム・スターリングを先発に送り込んだ。システムは4-2-3-1。キーパーはクラウディオ・ブラーボ、最終ラインは右からサバレタ、DFビンセント・コンパニ、DFニコラス・オタメンディ、コラロフと並び、ボランチはMFフェルナンジーニョとMFヤヤ・トゥレがコンビを組む。2列目は右にスターリング、左にMFリロイ・サネ、トップ下にMFケビン・デ・ブライネ、1トップはFWセルヒオ・アグエロが務めた。なお、アーセナル戦で負傷交代のMFダビド・シルバはベンチ外となっている。

 一方、ユナイテッドは23日の第34節バーンリー戦から4人を入れ替え、MFアントニオ・バレンシアとMFマイケル・キャリック、FWマーカス・ラッシュフォード、FWヘンリク・ムヒタリアンが先発起用された。システムは4-1-4-1でキーパーはGKダビド・デ・ヘア、最終ラインは右からバレンシア、DFエリック・バイリー、DFダレイ・ブリント、DFマッテオ・ダルミアンと並んだ。アンカーにキャリックが入り、2列目は右からラッシュフォード、MF

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年4月28日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。