トッテナム指揮官、首位との勝ち点差は4のままも「失望していると思っているのかい?」

トッテナム指揮官、首位との勝ち点差は4のままも「失望していると思っているのかい?」
トッテナムを率いるマウリシオ・ポチェッティーノ監督

 トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督は、首位チェルシーの様子を過度に気にかけることはない。『OMNISPORT』が伝えた。

 トッテナムは4月30日、プレミアリーグ第35節で宿敵アーセナルを2-0と撃破した。一方で、首位を走るチェルシーもエバートンに3-0と快勝したため、勝ち点差は「4」のまま縮まらず。試合後には記者から「落胆しているのでは?」と質問が飛んだが、ポチェッティーノは自分たちの勝利をまずは喜んでいる。

「落胆? 何について? チェルシーのことかい? ここでアーセナル相手に2-0で勝ったというのに? 我々ががっかりしていると思っているのかい? 選手たちにはわかっているさ。自分たちのパフォーマンスを誇り、今は休んで考え過ぎないことが必要だとね」

 さらに、「差は勝ち点4で、残すは4試合。サッカーではあらゆることが起こり得る」と話し、逆転優勝への希望を捨てていないことを示した。

●プレミアリーグ2016-17特集

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年5月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。