5点差勝利のミッションクリア!U-16日本代表が首位・ギニアに5-0勝利でミラクル逆転V!

5点差勝利のミッションクリア!U-16日本代表が首位・ギニアに5-0勝利でミラクル逆転V!
逆転優勝を喜ぶU-16日本代表イレブン

[6.18 インターナショナルドリームカップ第3戦 U-16日本代表 5-0 U-16ギニア代表 ユアスタ]

 まさにミラクルだった。6月18日、ユアテックスタジアム仙台にて行われた「U-16インターナショナルドリームカップ2017 JAPAN presented by 朝日新聞」の第3戦。第1試合の結果によって、優勝のためには「5-0」での勝利が必要だったU-16日本代表は、実現不能かと思われたこのミッションをコンプリート。ここまで2連勝だったアフリカの難敵・ギニアを5-0の大差で下し、2年ぶりの優勝を勝ち取ってみせた。

 森山佳郎監督が「決戦」と位置付けたこの試合、日本の先発オーダーは以下の通りだった。GKに鈴木彩艶(浦和ジュニアユース)、DFが右から半田陸(山形ユース)、西尾隆矢(C大阪U-18)、馬場晴也(東京Vユース)、橋本柊哉(市立船橋高)、MFが右から西堂久俊(市立船橋高)、山本理仁(東京Vユース)、岩本翔(G大阪ユース)、谷本駿介(C大阪U-18)、そして2トップには不動の二人、斉藤光毅(横浜FCユース)と栗原イブラヒムジュニア(三菱養和SCユース)が入った。

 立ち上がりから試合のペースは日本。山本と岩本の両ボランチを中心にボールを動かしながら、前線の凸凹コンビの個性を活かしながらギニアゴールへ迫る。15分には半田のスローインから斉藤が抜け出しての折り返しに、抜け目なくゴール前へと動き出していた岩本が決めて早くも先制点を奪い取った。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年6月18日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。