[SEVENDAYS FOOTBALLDAY]:熱を持っている大人(ブリオベッカ浦安・柴田峡監督)

[SEVENDAYS FOOTBALLDAY]:熱を持っている大人(ブリオベッカ浦安・柴田峡監督)
[SEVENDAYS FOOTBALLDAY]:熱を持っている大人(ブリオベッカ浦安・柴田峡監督)

東京のユースサッカーの魅力、注目ポイントや国内外サッカーのトピックなどを紹介するコラム、「SEVENDAYS FOOTBALLDAY」

 先制点が入ったとき。追加点が記録されたとき。勝利を告げるホイッスルが鳴った直後。3度に渡って指揮官を中心に歓喜の輪が広がる。そのことに言及すると、「みんな苦しかったじゃない。だから、オレのためにというよりも、みんなで喜び合うためにこっちへ来てくれたということなんじゃないかなと思っているんだけどね」と少し照れながら、そう言って笑った。自らを『熱を持っている大人』と称する51歳。柴田峡は今、ブリオベッカ浦安というクラブで新たなチャレンジを歩み出している。

 タイミングは突然やってきた。6月下旬のあるオフの日。いつものように庭の草むしりを終えた後、温泉に行った柴田は何気なく眺めていた携帯で、浦安の監督解任の報を知る。とりわけ強く印象に残った訳ではなく、その時は「そうか。JFLの監督も解任されることがあるんだな」と思った程度だったというが、夜になって携帯に着信があった。声の主は浦安のテクニカルディレクターを務める都並敏史。最初は全く違う話題を想像していた電話は、予想だにしていない浦安の監督就任要請のそれだった。

 松本のユースアドバイザーに就いていた柴田は、「僕も組織の人間なのでそんなに簡単にはできませんよ」と返答する一方で、「直感的に『コレを受けないと後悔しそうだな』という想いもあった」そうだ。この2年は似たような話が浮上しては、消えていく経験をしている。今の生活や家族のことを考えると、即決はできなかったものの、育成年代を指導する魅力は十分に感じながら、トップチームの現場に、しかも監督として戻りたいという気持ちも、心の片隅で燻っていた。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年7月27日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。