日本代表は31日のW杯アジア最終予選でオーストラリア代表と対戦する。MF井手口陽介(G大阪)は6月7日に行われたキリンチャレンジ杯のシリア戦でA代表デビュー。同13日のW杯アジア最終予選・イラク戦では初先発を飾ったが、結果は2試合とも引き分けだった。

「日本代表の試合に出場したことで、これから代表に定着していくという新しい目標ができた。僕自身も選ばれていないときはサポーターと同じ目線で見ていたから、日本代表が勝ったらうれしいし、負けたらガッカリする。勝てなかったときの気持ちは分かる。イラク戦は中立地での試合だったけど、観客が少なくて、雰囲気も全然違った。大勢のサポーターの前で勝利できたら気持ち良いと思うし、早く(代表初勝利を)一緒に味わいたい」

 勝てば6大会連続6回目のW杯出場が決まるオーストラリア戦。勝利にかける意気込みは強い。井手口の特長は、何と言ってもボール奪取能力だ。ただ、ハリルホジッチ監督からの指示について「念には念を入れる人。『間合いを空けるな』『人にピッタリ付け』と毎回、同じことを言われている」と明かすと、「守備のことしか言われないけど、攻撃も求められるようになりたい」と、ボールを奪ったあとのプレーでのアピールにも意欲を見せた。

「ボールを奪ってからもっと縦パスを通したいし、もっと前に出て行きたい。ボールを奪えて、ゴールも決められて、何でもできる選手になりたい。ハリルホジッチ監督からはボールを奪うことを一番に求められているので、そんなに上がっていくわけではないけど、自分の色も出していきたいので、前に行って仕事ができるようにしたい。必要なのは、攻撃のクオリティー。タイミングの取り方を工夫することとか、イージーなミスを少なくすることが必要だと思う。ゴールやアシストが欲しい。最近、チームであまり点が取れていないので、最近は遠くからでもシュートを打とうかなという気持ちも持ってプレーしている。J1で2ケタは無理ですけど、7、8点くらい取りたい」