清水内定の“大器”、興國MF西村は約3週間の清水練習参加で周囲驚くほどの変化

清水内定の“大器”、興國MF西村は約3週間の清水練習参加で周囲驚くほどの変化
来季の清水エスパルス加入が内定している興國高MF西村恭史

 元愛媛の内野智章監督や興國高(大阪)の選手たちは、約3週間ぶりに合流したMFのプレーを見て、「次元が違う、凄い」と思ったという。

 来季の清水エスパルス加入が内定しているMF西村恭史(3年)}は、8月中旬に開催された出雲カップまでの約3週間、清水に練習参加。この3週間で西村は清水の強化部、来季のチームメートたちを「本当に高校生!?」と驚かせるほどのプレー、成長を見せていたという。また、教え子について「ホンマ、日本にはいないです。184cmあって自分で行けるボランチはいない」と語る内野監督も、西村のプレーを久々に見て、その変化に衝撃を受けたことを口にしていた。
 
 西村は「僕的にはまだまだミスもあるし、ボランチとしていいコーチングとかまだまだ足りないかなと思っている」と語る一方で、清水の練習に参加したことでボールを取られない部分や長身を活かしたヘディング、キック力の部分など自信を深めている様子だった。

 高校入学後に身長が10cm伸びた西村は今年、その技術力の高さも合わせて注目度が急上昇。内野監督が「ヘディングの打点は高いし、両足ワンステップでサイドチェンジできるし、ミドル決めれるし、FK決めれるし、ドリブルシュートできるし、スルーパス出せる」と評する大型ボランチが、獲得を目指した複数のJクラブの中から清水を選んだ理由は「レベルの高い練習ができて、個人としても上手くなると思った。環境も凄く良い」と感じたからだった。...続きを読む

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2017年9月1日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。