マインツ武藤が2試合ぶり今季3ゴール目!ヘディングで千金同点弾

マインツ武藤が2試合ぶり今季3ゴール目!ヘディングで千金同点弾
今季3点目を決めたマインツのFW武藤嘉紀

[9.30 ブンデスリーガ第7節 ボルフスブルク1-1マインツ]

 ブンデスリーガは30日、第7節2日目を行い、FW武藤嘉紀の所属するマインツはアウェーでボルフスブルクと対戦し、1-1で引き分けた。1トップでフル出場した武藤は0-1の後半29分に同点ゴールとなるヘディングシュートを叩き込み、2試合ぶり今季3得点目を記録した。

 先にチャンスをつくったのはマインツ。前半16分、MFフィリップ・クレメントのパスをMFダニー・ラツァが浮かせてボレーシュートを放つ。その直後、左サイドを突破した武藤が中央にクロスを送り、MFレビン・エズトゥナリがニアサイドに飛び込んだが、DFにクリアされた。

 マインツはさらに前半23分、最終ラインからのロングボールを最前線の武藤が華麗にトラップ。そのままターンして抜け出そうとしたところで相手DFに倒されたが、主審はノーファウルのジャッジを下した。

 微妙なジャッジに猛抗議のジェスチャーを見せた武藤だが、前半25分に決定機が訪れる。味方のスルーパスからPA内に抜け出し、GKコーエン・カスティールスと1対1の場面を迎えたが、シュートはGKに左手1本で弾き出された。

 0-0で前半を折り返すと、ボルフスブルクは後半10分、MFダニエル・ディダビの右CKにニアサイドのMFジョシュア・ギラボギがヘディングで合わせ、貴重な先制点を奪った。直後の12分には右サイドを攻め上がったMFヤクブ・ブラスチコフスキのクロスからMFユヌス・マリがヘッド。ボールは枠を捉えていたが、GKレネ・アドラーがビッグセーブを見せ、追加点を許さなかった。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月1日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。