「味わったことない悔しさ」をバネに…クラブで5戦3発の武藤が秘める自信

「味わったことない悔しさ」をバネに…クラブで5戦3発の武藤が秘める自信
日本代表に合流したFW武藤嘉紀

 6日のキリンチャレンジ杯・ニュージーランド戦(豊田ス)、10日の同ハイチ戦(日産ス)に臨む日本代表が2日、愛知県豊田市内で合宿2日目の練習を行った。この日の練習からFW武藤嘉紀(マインツ)、FW浅野拓磨(シュツットガルト)、DF吉田麻也(サウサンプトン)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)、GK川島永嗣(メス)の海外組5人と、前日1日にJ1リーグ戦のあったDF槙野智章、MF遠藤航(ともに浦和)が合流。この日から参加の7人はランニング中心の軽めのメニューで調整した。

 約1か月前の悔しさをぶつける。8月31日のW杯アジア最終予選・オーストラリア戦(2-0)で昨年10月以来の代表復帰を果たした武藤だったが、試合は海外組でただ一人となる屈辱のベンチ外。6大会連続6回目のW杯出場を決め、歓喜に沸くチームの中で「今まで味わったことのない悔しさ」に耐えていた。

「いろんな悔しいことを経験してきたけど、また違う悔しさというか、言葉では説明しづらい悔しさがあった」。続く5日のサウジアラビア戦(0-1)はベンチ入りしたが、出番なし。前回招集された昨年10月時もケガのため参加を辞退しており、代表戦出場は昨年9月6日のタイ戦(2-0)を最後に1年以上、遠ざかっている。

 クラブではその鬱憤を晴らすような活躍を見せている。9日のレバークーゼン戦、20日のホッフェンハイム戦、そして30日のボルフスブルク戦で得点を決め、前回の代表後に行われたブンデスリーガ5試合で計3ゴール。今季はDFBポカールを含めれば、公式戦8試合で5ゴールとしっかり結果を残している。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年10月2日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。