互いに勝ち切れず…京都が大黒の土壇場同点ヘッドで群馬とドロー

       
[11.5 J2第40節 群馬1-1京都 正田スタ]

 ザスパクサツ群馬京都サンガF.C.の一戦は、1-1で引き分けに終わった。勝ち切れなかった群馬は連敗を4でストップしたが、8試合白星なし(2分6敗)。前後半で違う表情をみせた京都は、8試合無敗(3勝5分)も3試合連続ドローに終わった。

 前半は群馬のペースで試合が進んだ。すでに最下位が確定しているが、セカンドボールを回収したり、カウンターを果敢に仕掛けたりするなど京都を圧倒。前半22分には、華麗なパスワークからPA内に侵入したFW高井和馬がMF吉野恭平に倒されPKを獲得する。これを高井自らゴール左隅に蹴り込み、群馬が先制に成功した。

 1点ビハインドの京都はハーフタイムでDF下畠翔吾に代えてMF伊東俊を投入。早々に手を打つと、前半とは打って変わって、京都が試合の主導権を握る。FWイ・ヨンジェや吉野、FW岩崎悠人らがシュートを果敢に打ち込み、FW大黒将志やFW大野耀平といった攻撃的な選手をピッチに送り込んで、群馬のゴールに襲い掛かった。

 しかし、群馬の集中した守備が京都の攻撃を跳ね返し続けた。後半26分には2枚替えを敢行し、DFパク・ゴンとMF高橋駿太を入れて、終盤に向けてピンポイントで補強。攻撃はカウンターが主となったが、FWカン・スイルが前線でボールをおさめて、攻撃を展開していき、京都の脅威となり続けた。

 それでも京都が意地をみせた。後半40分、右サイドのFKからDF石櫃洋祐がゴール前に蹴り込むと、大野が相手と競り合ったボールが左ポストあたりに飛び、そこにいた大黒がヘディングシュートを決めて1-1。京都が土壇場で試合を振り出しに戻した。

 4分と提示されたアディショナルタイムには、オープンな展開となり、最後まで互いに決勝点を狙ったがスコアは動かず。試合は1-1で終了し、勝ち点1を分け合った。
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2017シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第40節 スコア速報

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「京都サンガF.C.」に関する記事

「京都サンガF.C.」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「京都サンガF.C.」の記事

次に読みたい「京都サンガF.C.」の記事をもっと見る

スポーツニュース

スポーツランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月5日のサッカー記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。