[MOM2340]清水ユースMF新関成弥(3年)_トップ昇格組の怪我、「自分が引っ張っていかないと」

[MOM2340]清水ユースMF新関成弥(3年)_トップ昇格組の怪我、「自分が引っ張っていかないと」
決勝点を決めたMF新関成弥(左、3年)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[11.25 プレミアリーグEAST第16節 大宮Y 0-1 清水Y 東洋大朝霞G]

 均衡が破れたのは後半23分、右サイドからDF伊藤駿光(3年)がクロスを上げると、MF新関成弥(3年)が頭で合わせる。「試合前からボールをくれた駿光に要求していた。たくさんしていた練習通りにゴールを決められたなと思います」。新関の挙げた得点を守り抜いた清水エスパルスユースは、首位をキープする勝ち点3をしっかりと積み上げた。

 残り2節となったプレミアリーグEASTで首位。これ以上ない位置につける清水は、タイトルへの思いも強い。夏のクラブユース選手権は、グループリーグ敗退。10月に行われたJユースカップでは3回戦で敗れるなど、不本意な成績に終わったからだ。

 ポイントで怪我人が出てしまったことも悔やまれる。京都サンガF.C.U-18に敗れたJユースカップでは、トップチームへの昇格が内定しているMF滝裕太(3年)、DF伊藤研太(3年)が怪我のため不在。FW平墳迅(3年)も後半6分で途中交代した。

 優勝争いをするプレミアリーグに影響を引きずらないためにも、新関は「メンバーがいない中で、自分が引っ張っていかないといけない」と強い思いを持って、中断期間を過ごしてきたという。滝や伊藤この日の試合に出場したが万全の状態ではなく、平墳は今季中の復帰は難しいのだという。

 そんな中で生まれた決勝点。背番号14は「苦しい時間帯でもしっかり守り切れたのは大きい。その中で1本狙っていた。自分が決められて良かった」とホッとした表情で話した。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事

「高校サッカー + 東京」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事

「高校サッカー + 大阪」のおすすめ記事をもっと見る

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事

「高校サッカー + 神奈川」のおすすめ記事をもっと見る

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2017年11月25日のサッカー記事

キーワード一覧

  1. 高校サッカー 千葉
  2. 高校サッカー 大阪
  3. 高校サッカー 女子

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。