千葉、ホーム開幕戦で初白星ならず…水戸を崩し切れずにスコアレスドロー

千葉、ホーム開幕戦で初白星ならず…水戸を崩し切れずにスコアレスドロー
ジェフユナイテッド千葉と水戸ホーリーホックの一戦はスコアレスドロー

[3.4 J2第2節 千葉0-0水戸 フクアリ]

 J2は4日に第2節を開催し、フクダ電子アリーナではジェフユナイテッド千葉水戸ホーリーホックが対戦。前半をスコアレスで折り返した試合は、後半もスコアが動かずに0-0の引き分けに終わった。

 ホームの千葉は前節東京V戦(●1-2)からDF近藤直也と出場停止のDF増嶋竜也に代わって、DFエベルトとDF鳥海晃司を先発起用。一方、アウェーの水戸は前節山形戦(〇3-0)から先発の入れ替えはなく、同じ11人がスターティングメンバーに名を連ねた。[スタメン&布陣はコチラ]

 前半7分にゴールを脅かしたのはホームの千葉だった。MF矢田旭が蹴り出した右CKをニアサイドのDF高木利弥がすらすと、ゴール中央のFWラリベイがダイビングヘッドで合わせるも、好反応を見せたGK松井謙弥に阻まれてしまう。さらに同13分には強引にPA内にドリブルで運んだMF熊谷アンドリューの折り返しからMF為田大貴が決定機を迎えるも、右足から放ったシュートはDF浜崎拓磨のブロックに遭ってネットを揺らすには至らなかった。

 その後も千葉が主導権を握って試合を進め、特に左サイドを幾度となく攻略して為田や高木が良い形でボールを受ける場面を作り出すが、クロスやシュートの精度を欠いてなかなかチャンスへとつなげられない。前半36分には右サイドからMF町田也真人が切れ込んだ流れからMF茶島雄介がPA内でシュートを放つが、距離を詰めた松井にストップされてしまった。一方の水戸は同37分、FWジェフェルソン・バイアーノのスルーパスからFW

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュース

次に読みたい関連記事「ファジアーノ岡山」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュース

次に読みたい関連記事「アビスパ福岡」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュース

次に読みたい関連記事「アルビレックス新潟」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。