「小笠原満男選手を見て育ってきた」…鹿島育ちの20歳、町田MF平戸が早くも4アシスト

「小笠原満男選手を見て育ってきた」…鹿島育ちの20歳、町田MF平戸が早くも4アシスト
2試合4アシストの町田MF平戸太貴

[3.4 J2第2節 町田3-2大宮 町田]

 常勝軍団出身の“東京五輪世代”が華々しいスタートを切っている。鹿島アントラーズから期限付き移籍中のFC町田ゼルビアMF平戸太貴は、開幕から2試合連続で2アシストを記録。プロ1年目の指揮官だった敵将の前で「成長した姿を見せて勝利に貢献したいと思っていた」と決勝点を導いた。

 1997年生まれの平戸は、小学校時代から鹿島アカデミーに所属。2016年にトップチーム昇格を遂げると、リーグと天皇杯の2冠、FIFAクラブW杯準優勝を果たしたチームの一員として、激動のシーズンを間近で体感した。一方、自身の出番はルヴァン杯での2試合のみ。翌17年からは出場機会を求め、町田に期限付き移籍していた。

「東京五輪に出たいと思っていますし、そこに出るため、成長するために来ました」。そう決断してやって来た町田では、徐々に出番をつかみ、昨季はリーグ戦で26試合に出場。「自分の武器だと思っている」というセットプレーのキッカーも務め、前節の京都戦(○2-0)ではチームの全得点を呼び込む2アシストを挙げた。

 そして臨んだ今節の相手は、プロ1年目で鹿島を指揮していた石井正忠監督率いる大宮アルディージャ。前半8分、左CKからDF深津康太のゴールを呼び込むと、2-2で迎えた後半34分にFKでFW中島裕希のダイビングヘッドをアシスト。開幕白星スタートを果たしたチームを2連勝に導いた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 鹿島アントラーズ 内田篤人
  2. 鹿島アントラーズ 小笠原満男
  3. 鹿島アントラーズ 昌子源
ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 昌子源」のおすすめ記事をもっと見る

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事

「鹿島アントラーズ + 植田直通」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。