突然の訃報…フィオレンティーナ主将が31歳で急逝、セリエA全試合を延期へ

突然の訃報…フィオレンティーナ主将が31歳で急逝、セリエA全試合を延期へ
ダビデ・アストーリが4日、滞在中のホテルで亡くなった

 イタリアサッカー界が悲しみに暮れている。フィオレンティーナのキャプテンを務めるイタリア代表DFダビデ・アストーリが4日、滞在中のホテルで亡くなった。31歳だった。

 ミランのプリマヴェーラ出身で、カリアリやローマなどで活躍したアストーリは、2015年8月にフィオレンティーナに加入し、今シーズンからフィオレンティーナの主将として、ここまでリーグ戦25試合で1ゴールを記録。また、イタリア代表経験もあり、14試合1得点をマークしていた。

 4日、フィオレンティーナの選手は、敵地でのセリエA第27節ウディネーゼ戦にむけてホテルに滞在していた。アストーリはそのホテルの部屋で就寝中に亡くなったとのこと。死因は心臓系のトラブルとみられている。

 なお、セリエAの公式ツイッター(@SerieA_TIM)を通じて、4日に開催される予定だった全7試合を延期すると発表している。
●セリエA2017-18特集

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月4日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュース

次に読みたい関連記事「トッテナム」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュース

次に読みたい関連記事「アトレティコ・マドリード」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。