長崎、待ちに待ったJ1昇格後初勝利!! 今季初黒星の湘南は16歳MFがトップデビュー

長崎、待ちに待ったJ1昇格後初勝利!! 今季初黒星の湘南は16歳MFがトップデビュー
同点ゴールを決めた長崎MF新里涼

[3.14 ルヴァン杯GL第2節 長崎2-1湘南 トラスタ]

 ルヴァン杯は14日、グループリーグ第2節を各地で行い、V・ファーレン長崎湘南ベルマーレとホームで対戦した。同カードとなったJ1開幕節では1-2で敗れていたが、今度は2-1で勝利を収め、歴史的なルヴァン杯初白星を飾った。

 今季の公式戦で3分1敗の長崎は、リーグ前節の浦和戦(△1-1)から先発11人全員を変更。ルヴァン杯第1節神戸戦(△2-2)で移籍後初ゴールを記録したMF名倉巧がスタメンに名を連ねた他、MF木村裕は今季初出場を果たした。

 一方、今季負けなし(2勝2分)の湘南も、リーグ前節の名古屋戦(△1-1)からスタメン11人全員を変えた。GK後藤雅明、DF島村毅、MF小林祐介、MF石原広教の4人が今季初出場。さらに湘南ユース1年のMF柴田壮介がベンチに入った。

 先に試合を動かしたのはアウェーの湘南だった。前半4分、19歳のMF齊藤未月がMF新里涼からボールを奪い、ゴール前までドリブル突破。相手3バックを一気に抜き去って、PA外から右足を振り抜くと、GK徳重健太の手をかすめてゴールに突き刺さり、プロ初得点が決まった。

 ところが前半6分、長崎が試合を振り出しに戻す。順天堂大から加入したMF米田隼也の突破から相手を押し込むと、こぼれ球が同じく順天堂大出身の新里の元へ。直前のプレーでミスから失点にかかわった22歳が鋭い弾道のミドルシュートでゴール右隅を射抜き、同期コンビで価値の大きな同点ゴールを導いた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴィッセル神戸」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「サンフレッチェ広島」のニュース

次に読みたい関連記事「サンフレッチェ広島」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。