板倉退場も…仙台、GK川浪が好セーブ連発!吉尾躍動の横浜FMとスコアレスドロー

板倉退場も…仙台、GK川浪が好セーブ連発!吉尾躍動の横浜FMとスコアレスドロー
前半37分にMF板倉滉が一発退場

[3.14 ルヴァン杯GL第2節 横浜FM 0-0 仙台 ニッパツ]

 ルヴァン杯は14日、グループリーグ第2節を行った。A組の横浜F・マリノスベガルタ仙台の一戦は、スコアレスドローに終わった。

 リーグ戦では1分2敗と勝利がないものの、前節・FC東京戦で今季初勝利を飾った横浜FMは、U-19日本代表DF山田康太(←横浜FMユース)がプロ公式戦デビュー。MF吉尾海夏も先発で起用された。公式戦4戦無敗中(2勝2分)の仙台は、U-21日本代表に選出されたDF椎橋慧也とMF板倉滉がスターティングメンバーに名を連ねた。

 立ち上がりは横浜FMのGK飯倉大樹が高い位置を取っているをみて、仙台が遠めから積極的にシュートを放っていった。さらにFWジャーメイン良が前線で強さを発揮。前半14分には、DF常田克人のロングパスを左サイドでMF茂木駿佑がおさめ、高い弾道のクロスをファーサイドに走り込んだMF古林将太が右足で合わせるなど、ダイナミックな攻撃を展開した。

 だが、仙台にアクシデント。前半37分、自陣中央でボールをキープしたMFダビド・バブンスキーに板倉が足裏をみせた危険なスライディングタックル。これがバブンスキーの左脛に入ってしまい、飯田淳平主審は板倉にレッドカードを提示した。

 数的優位に立った横浜FMは、19歳・吉尾の積極的なプレーが光った。前半43分、ペナルティーアーク内からFWイッペイ・シノヅカが左足シュート。これはGK

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月14日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。