“降格組”大宮、MF嶋田が同点ゴールも金沢と痛み分けで3試合未勝利

“降格組”大宮、MF嶋田が同点ゴールも金沢と痛み分けで3試合未勝利
試合は1-1の痛み分けに終わった

[3.17 J2第4節 大宮1-1金沢 NACK]

 J2リーグは17日、第4節を行い、NACK5スタジアム大宮では大宮アルディージャツエーゲン金沢が対戦し、1-1で引き分けた。後半32分にMF宮崎幾笑が先制点を挙げたが、後半41分にMF嶋田慎太郎が同点ゴール。途中出場2選手のゴールで勝ち点1ずつを分け合い、互いに連敗を2でストップした。

 大宮は10日の第3節徳島戦(0-1)と同じ11人が先発。金沢は前節の福岡戦(0-1)から先発3人を入れ替え、DF毛利駿也、MF藤村慶太、FW垣田裕暉がスタメン入り。大卒ルーキーの右サイドバック毛利はこれが初先発となった。[スタメン&布陣はコチラ]

 昨年8月に大宮から金沢に移籍したDF沼田圭悟はこれが初の古巣戦。前半12分には左サイドを駆け上がり、果敢に縦への突破を試みたが、大宮の守備陣に止められる。膠着状態が続いたが、199cmのFWロビン・シモヴィッチのポストプレーを起点に、大宮が徐々に攻撃の流れを引き寄せた。

 前半26分、MF三門雄大がFW大前元紀とワンツーの形でPA内に抜け出し、右足シュート。決定的な形だったが、これはGK田尻健が至近距離でセーブ。前半27分には右サイド深い位置からDF渡部大輔がクロスを入れ、ゴール前のシモヴィッチがDFに囲まれながら反転シュートを放ったが、ゴール左に外れた。

 前半34分にはクリアボールを拾ったMF茨田陽生がパスを出し、MFマテウスが左足を振り抜いたが、惜しくもクロスバーを直撃。対する金沢も前半アディショナルタイムにFWマラニョンが左サイド深い位置から折り返し、FW

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュース

次に読みたい関連記事「湘南ベルマーレ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。