[イギョラ杯]超速カウンター2発!! 日体大柏高、下級生主体のFC東京U-18に完勝

[イギョラ杯]超速カウンター2発!! 日体大柏高、下級生主体のFC東京U-18に完勝
鋭いカウンターで2点を奪った日体大柏高

[3.17 イギョラ杯 日体大柏高 2-0 FC東京U-18 小平]

 高校年代の20チームで争う『第28回イギョラ杯国際親善ユースサッカー』が17日、首都圏の4会場で開幕した。FC東京小平グラウンドでは、昨季の高円宮杯チャンピオンシップ王者のFC東京U-18日体大柏高が対戦。主導権を握り続けた日体大柏が2-0で勝利した。

 FC東京U-18は福岡県で行われているサニックス杯にAチームが遠征中。イギョラ杯には中村忠コーチの指揮の下、Bチーム中心のメンバーで臨んでいる。一方の日体大柏は柏レイソルと相互支援契約を結ぶ高体連チーム。この日は優劣を分けない2チームを構成しており、そのうち1チームが出場した。

 試合はこの日2試合目となったFC東京U-18を初戦の日体大柏が押し込む形で進んだ。前半7分、日体大柏は得意のハイプレッシャーで相手を追い込み、敵陣でボールを奪うと、一気に飛び出したMF伊関新がゴール前約20mの位置から右足を一閃。守備陣の間隙をぬって鋭く飛んだボールがネットを揺らし、先制に成功した。

 その後も新1~2年生を中心とするFC東京U-18に対し、新3年生主体の日体大柏が主導権を握り続ける。「狙いとしていたところがちょっとは出せた」(酒井直樹監督)。コンディション面での差は紛れもなくあったが、日体大柏の意図されたポジショニングと、素早い攻守の切り替えが光っていた。

 日体大柏の1点リードで迎えた後半はFC東京U-18がペースを取り戻す場面も見られた。MF小林慶太と前日16日にJ3第2節のYS横浜戦で先発していたDFバングーナガンデ佳史扶を中心に左サイドを何度も崩すと、ゴール前への速いクロスで脅威に。しかし、なかなかゴールを割るには至らない。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。