[MOM2447]日体大柏MF伊関新(2年)_流経&市船の“2強”倒し宣言!! “クラッキ”に憧れる名シューター

[MOM2447]日体大柏MF伊関新(2年)_流経&市船の“2強”倒し宣言!! “クラッキ”に憧れる名シューター
セットプレーのキッカーも務める日体大柏高MF伊関新(2年)

[高校サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ]
[3.17 イギョラ杯 日体大柏高 2-0 FC東京U-18 小平]

「まぐれじゃないです(笑)」――。日体大柏高MF伊関新(2年)はFC東京U-18戦の前半7分、目の覚めるような弾丸ミドルシュートで決勝点を奪った。「細かいステップで相手のテンポを外した良いシュート」と目を細めた指揮官が続けて投げかけたジョークに、さらりと笑顔で答えていた。

 敵陣でのボール奪取を起点に、一気に飛び出した背番号7は、左に進路を取りながらもゴールに意識を向けていた。「ドリブルをしていてパスの選択肢もあったんですけど、シュートコースが見えたので打ちました」。相手DFの間隙を突いた一撃は、真っ直ぐにネットへ突き刺さった。

 この日は自身の出来だけでなく、チームのクオリティーにも手応えを得た。下級生主体とはいえ、昨季の2冠王者から奪った2得点はいずれも得意とするカウンター。「前からプレスをかけるサッカーが好き。ポジショニングがうまくいけば、相手がどんなサッカーをしているか分からないうちに突けるんです」と胸を張った。

 もっとも、理想のスタイルは別のところにもあるという。「ロナウジーニョが大好き。エトーとかデコがいた時のバルセロナが好きで、幼稚園の頃から見てました」と2000年生まれらしからぬ趣味。華麗な足技で一時代を築いた“クラッキ”とはプレースタイルが少々異なるが、魅力として挙げた「シュートに面白みがある」という要素はこの日の一撃にも垣間見えた。

 昨季は高校選手権千葉県予選で流通経済大柏高にPK負けし、悔しい思いが残っている。「ベンチから見ていたんですが、気持ちが入っていた。それでも負けたので残念だった」。今季の目標は流経大柏、市立船橋高の2強倒し。「自分たちが倒さなきゃいけないと思っています」と力強く宣言した。

(取材・文 竹内達也)

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。