「ゼロにしないと」大宮GK笠原昂史、プロ8年目の大台到達で決意新た

「ゼロにしないと」大宮GK笠原昂史、プロ8年目の大台到達で決意新た
最後尾から指示を出すGK笠原昂史

[3.17 J2第4節 大宮1-1金沢 NACK]

 今季、水戸から完全移籍で大宮アルディージャに加入したGK笠原昂史がJ通算100試合出場を達成した。7年間在籍した水戸では第2GKに甘んじ、定位置を奪えないシーズンが長かったが、昨季キャリアで初めて全42試合にフル出場。年間を通してスーパーセーブを連発し、脚光を浴びた。

 プロ8年目、29歳での大台到達を「長くかかったなとは思います」と振り返った笠原は「ひとつ目指してきたところだった。これを通過点にして200、300と積み上げていきたい」と節目の記録を喜び、さらなる躍進を誓った。

 ファインセーブであわやの場面を救ったが、後半32分に失点。試合は1-1の引き分けに終わり、メモリアルゲームを白星で飾れなかった。背後に抜け出したMF宮崎幾笑が中に切れ込み、DF山越康平をはがして左足を振り抜いた。「山越にニアを切らせてファーに打たせてそれを止めるイメージだったけど、相手が速いツータッチでニアに打ってきたので対応ができなかった」と失点シーンを悔やんだ。

 開幕から2試合はベンチだったが、10日に行われた第3節徳島戦(0-1)でベテランGK塩田仁史からポジションを奪って初先発し、2試合連続でゴールマウスを守った。いずれも失点したことで悔しさは残り、「失点が続いているのでゼロにしないといけない。どんな試合でも無失点を目指したい」と決意新たに語った。

(取材・文 佐藤亜希子)
★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!
●2018シーズンJリーグ特集ページ
●[J2]第4節 スコア速報

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月17日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュース

次に読みたい関連記事「名古屋グランパスエイト」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。