“史上最速選手”へ、「MERCURIAL MASTERCLASS」に阪南大高FW和田と京都橘MF高木の俊足アタッカー2人がチャレンジ

“史上最速選手”へ、「MERCURIAL MASTERCLASS」に阪南大高FW和田と京都橘MF高木の俊足アタッカー2人がチャレンジ
FW和田育(阪南大高)とMF高木大輝}(京都橘高)

“史上最速選手”になるためのきっかけを掴む。継続的な日本サッカーの発展のためにさらなる普及や次世代選手の育成を促進することを目的としたプロジェクト、「JFA Youth & Development Programme」のオフィシャルパートナーを務めているナイキジャパンは、2月24日に「NIKE ACADEMY TOKYO」の特別セッションとして、“史上最速選手”を育成するためのプレミアムクリニック「NIKE ACADEMY MERCURIAL MASTERCLASS」(全4回)の第1日目を行った。

 事前選考の末、「MERCURIAL MASTERCLASS」受講者に選ばれたのは17年の高円宮杯プレミアリーグWESTで4得点をマークしている阪南大高(大阪)の俊足ストライカー、FW和田育(2年)と、1年生ながら名門・京都橘高(京都)の先発として選手権に出場している俊足サイドプレーヤー・MF高木大輝の2人。今年の関西地域における注目選手でもある2人が、全4回のプレミアムクリニックを経て“スピードスター”への階段を上っていく。

 2人は「スピードで牙をむけ」をコンセプトとしているナイキのフットボールシューズ、「MERCURIAL」が準備されたオープニングから活動をスタート。「NIKE ACADEMY MERCURIAL MASTERCLASS」についての説明を受け、2人はプロジェクトの壮大さを実感したという。そして、「NIKE ACADEMY TOKYO」の小島直人ヘッドコーチから「史上最速の選手を育成していきたい。スピードを武器にして、武器を使って結果を出していく選手になってほしい」、鈴木友規フィジカルコーチから「最初から様子見ではなく。本気でやってほしい。全部を持ち帰って欲しい」とメッセージを受けた2人は、圧倒的な軽さとフィット感、そして屈曲性、反発力も兼ね備えた“0.1秒で大きな違いを生み出せるスパイク”「MERCURIAL」を足にまとってピッチに立った。

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月19日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。