[船橋招待]「止める、蹴る、外す」の“風間流”継承中、名古屋U-18は市船5発に沈む

[船橋招待]「止める、蹴る、外す」の“風間流”継承中、名古屋U-18は市船5発に沈む
市立船橋高に5失点敗戦となった名古屋グランパスU-18

[3.30 船橋招待U-18 市立船橋高5-2名古屋U-18 グラスポ]

 第23回船橋招待U-18サッカー大会が30日、千葉県船橋市内の2会場で開幕した。グラスポ法典公園での第1試合は、今季から高円宮杯プレミアリーグへの復帰を果たした名古屋グランパスU-18(愛知)が同じくプレミア勢の地元市立船橋高(千葉)に2-5で敗れた。

 昨年12月のプレミアリーグ参入戦でトップカテゴリへの復帰を飾り、新たに就任した古賀聡新監督のもとでスタートを切る“若鯱軍団”。すでにJリーグでも出場機会をつかんでいるDF菅原由勢(新3年)に加え、トップチームに帯同しているMF成瀬峻平(新3年)、DF藤井陽也(新3年)を欠いた陣容で、総仕上げとなる関東遠征に挑んだ。

 先手を取ったのは市立船橋。前半9分、DF橋本柊哉(新3年)がロングフィードを敵陣左サイドに落とすと、ボランチのMF岡井駿典(新3年)が勢い良く走り込む。角度のないところから左足を振り抜き、強烈なアウトサイド回転でファーのサイドネットへ。平日午前から集まった観客もどよめくスーパーゴールが決まり、両軍計7点が入る多点試合が幕を開けた。

「前半はやろうとしていることができた」(古賀監督)という名古屋もすぐに試合を振り出しに戻す。前半17分、右サイドをMF手嶋秀(新3年)が攻め込むと、中盤でパスを受けたMF倍井謙(新2年)が縦へ展開。後ろ向きにトラップしたFW

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら