左膝負傷の韓国代表DF金珍洙が日本で検査、リハビリへ…かつて新潟に所属

左膝負傷の韓国代表DF金珍洙が日本で検査、リハビリへ…かつて新潟に所属
DF金珍洙

 24日に行われた国際親善試合で左膝を負傷した韓国代表DF金珍洙(全北現代)が日本で精密検査を行い、リハビリを開始することが分かった。韓国メディア『スポータルコリア』が伝えている。

 金珍洙は24日に行われた北アイルランドとの親善試合で左膝内側靭帯を負傷し、途中交代。27日のポーランド戦を欠場した。帰国後に韓国国内の病院で検査した結果、最大6週間を要すると診断されていた。同選手は日本で精密検査を行い、リハビリを開始するという。

 12年にアルビレックス新潟でキャリアをスタートさせた金珍洙は14年6月まで在籍。21歳でW杯ブラジル大会メンバーに選出された際は「新潟で3年間がんばった結果」と話していた。

★日本代表など参加32チームの最新情報をチェック!!
2018W杯ロシア大会特集ページ
★全64試合の日程&テレビ放送をチェック!!
2018W杯ロシア大会日程&TV放送

あわせて読みたい

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。