[船橋招待]Jデビュー17歳が「心に火を付けた」…四国無敗王者・徳島ユースが仙台ユースに快勝

[船橋招待]Jデビュー17歳が「心に火を付けた」…四国無敗王者・徳島ユースが仙台ユースに快勝
仙台ユースを2-0で下した徳島ヴォルティスユース

[3.30 船橋招待U-18 徳島ユース2-0仙台ユース グラスポ]

 第23回船橋招待U-18サッカー大会が30日、千葉県船橋市内の2会場で開幕した。グラスポ法典公園での第2試合は、徳島ヴォルティスユース(徳島)がベガルタ仙台ユース(宮城)を2-0で下した。

「こちらがボールを動かす時に、相手に迷いがあるなかで来てくれたのでやりやすかった。自分たちのやりたいサッカーができた」。試合後、徳島ユースの羽地登志晃監督がそう振り返ったように、ピッチを幅広く使ってボールを支配した昨季の四国王者が試合を優位に進めた。

 前半5分、左ウイングバックのDF久米航太郎(新3年)がサイドを駆け上がると、ゴール前に斜めのパスを配球。FW岩佐瞭希(新3年)がニアサイドでつぶれると、逆サイドからスペースに走り込んだMF山田誠人(新3年)が落ち着いて決め、徳島ユースが早々にリードを奪った。

 一方の仙台ユースは恵まれたフィジカルを持つFW菅原龍之助(新3年)にボールを集めて攻撃を展開する。ところが次のチャンスも徳島ユース。前半9分、ロングボールに抜け出したDF市川健志郎(新2年)がPA内でシュートを放ったが、GK小畑裕馬(新2年)が身を挺してブロックした。

 スコアレスで迎えた後半も徳島ユースのペースが続いた。すると9分、再びスコアが動く。先制点を決めた山田がゴール正面右寄りを攻め上がり、利き足ではない右足に持ち替えて鋭く振り抜く。わずかに相手DFを外したボールはゴール左上隅ギリギリに突き刺さって、リードを2点に広げた。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュース

次に読みたい関連記事「モンテディオ山形」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュース

次に読みたい関連記事「松本山雅FC」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ロアッソ熊本」のニュース

次に読みたい関連記事「ロアッソ熊本」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。