伊東純也、電光石火の2G!柏が神戸を下して3試合ぶり白星

伊東純也、電光石火の2G!柏が神戸を下して3試合ぶり白星
伊東純也が今季J初得点を含む2ゴール

[3.30 J1第5節 柏2-1神戸 三協F柏]

 2週間の中断を経て再開されたJ1、三協フロンテア柏スタジアムでは、7位柏レイソルと8位ヴィッセル神戸が対戦。FW伊東純也が2ゴールの活躍を見せて、柏が2-1で快勝した。

 前々節・C大阪戦(△1-1)、前節・G大阪戦(△2-2)と2試合連続で終盤に追いつかれてしまい、3試合ぶり勝利を目指す柏。G大阪戦で2得点を挙げたFW江坂任をトップ下に置いた4-2-3-1を敷き、日本代表ベルギー遠征帰りのGK中村航輔がゴールマウスを守る。
 前節・C大阪戦(○2-0)で今季初勝利を挙げた神戸は、柏と同じ4-2-3-1のフォーメーション。高卒ルーキーのFW郷家友太(青森山田→神戸)を2列目右サイドで先発させ、J2年目で今季からキャプテンを務めるMFルーカス・ポドルスキはトップ下に入った。
[スタメン&布陣はコチラ]

 柏と神戸ともにトップ下の背番号「10」を経由して攻撃を仕掛けていく。柏の江坂は巧みなボールコントロールでボールをおさめ、神戸のポドルスキは時にボランチの位置まで下がって配給役に。しかし、ともにチャンスらしいチャンスがないまま時計の針は進んでいく。

 神戸の前線からのプレスに対し、最終ラインからつないでいく柏は思うようにボールを回せず、GK中村までボールを下げさせられる回数を重ねていった。一方の神戸もシュートまで持ち込めず、36分にはセットプレーの流れから郷家がボレーシュートを狙ったが、ボールはクロスバーを大きく越えてしまう。

あわせて読みたい

気になるキーワード

ゲキサカの記事をもっと見る 2018年3月30日のサッカー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュース

次に読みたい関連記事「ヴァンフォーレ甲府」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュース

次に読みたい関連記事「川崎フロンターレ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュース

次に読みたい関連記事「横浜F・マリノス」のニュースをもっと見る

新着トピックス

サッカーニュースアクセスランキング

サッカーランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

Jリーグ、海外サッカー、人気のサッカー選手などサッカーにまつわる情報をお届け中。